Back to top

IELTSとは

IELTS(アイエルツ: International English Language Testing System )は、世界最大級の受験者数を誇る英語運用能力試験です。留学・海外移住を実現させるため、年間300万人以上の受験者がIELTSを受験しています。 

留学、海外での就職、移住などの際に英語力を証明するための試験として、IELTSは世界各国10,000以上の機関に採用されています。

IELTSの種類

IELTSは英語圏での留学や就職を目指す方の英語能力を測る試験です。

IELTS Academic(アイエルツ アカデミック・モジュール)とIELTS General Training(アイエルツ ジェネラル・トレーニング・モジュール)の2種類があり、目的に合わせてお選びいただけます。

IELTS Academic IELTS General Training
  • 大学や大学院に進学する方英語圏で専門職として登録/就職する方
  • 英語圏で専門職として登録/就職する方
  • 英語圏での就職や、そのための研修を受ける方
  • 英語圏に移住する方
  • 学士号未満の職業訓練や勉強をされる方


IELTSを採用している組織や団体は、それぞれがIELTSの受け入れ要件を規定しています。どちらのモジュールを受験すべきかが不明な場合は、必ず受験お申し込み前に出願先へご確認ください。(IELTS AcademicとIELTS General Training両方のスコアを受け入れていることもあります) 

 

IELTS for UKVI

IELTS for UKVI(英国ビザ申請用IELTS)は、英国政府が認めたSecure English Language Test(SELT)のひとつです。英国ビザ取得の際に求められる必要な英語能力を、この試験で証明することができます。

SELTの受験が必要かどうかは、IELTS for UKVIページにて、ご確認ください。

 

テスト形式

IELTS for UKVIの試験内容、試験官、テスト形式、難易度、採点方法は通常のIELTSと同じです。IELTS for UKVIではCCTVやビデオで試験会場が録画されるところが、唯一の違いです。

リスニング (30分+10分(解答用紙に答えを書き写す時間))

リスニングテストは、モノローグや会話を使った4つのセクションで構成されています。英語は様々なアクセントや話者によって話され、出題は1回だけ聞くことができます。

リーディング(60分)

IELTS Academic IELTS General Training
3つの長文とそれぞれについての設問で構成されています。文章の形態および内容は、事実に基づいた記述形式から、データ分析に基づく批評的な形式、図形/グラフ/イラストを使った形式まであります。それぞれ実際に使用されている英文で、書籍やジャーナル、新聞や雑誌などから選ばれています。 3つの文章とそれぞれについての設問で構成されています。セクション1はある事実についての短い文章、セクション2は仕事についてのより短い文章、セクション3は一般的な内容についての長めの文章です。それぞれ実際に英語を使う場面に則した真実に基づいた内容になっており、会社のハンドブックや、公式文書、書籍、新聞などから選ばれています。

ライティング(60分)

IELTS Academic IELTS General Training
2つの課題が与えられます。1つは与えられた表/グラフ/チャート/図表について、 150ワード以上で描写・要約・情報の説明をすることを求められます。もう1つは、出題で問われる意見、議論や問題に対して、自分の考えをまとめ、250ワード以上のエッセイを書くことが求められます。 2つの課題が与えられます。1つめは、状況に合わせて必要情報を尋ねたり、状況を説明するような内容の手紙を150ワード以上で書くことを求められます。もう1つは、出題で問われる
意見、議論や問題に対して、自分の考えをまとめ、250ワード以上のエッセイを書くことが求められます。

スピーキング(11~14分)

スピーキングテストは、実際に試験官と一対一の対面式で行われます。3つのセクションに分かれており、短い質問への応答、身近な話題についてのプレゼンテーション、そして質疑応答が続きます。論点が明確であるかどうかが、評価のポイントとなります。

 

IELTS Life Skills

IELTS Life Skillsは英国ビザ申請の際、スピーキングとリスニングの英語能力がCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)で示されるA1、A2、もしくはB1レベルであることを証明する必要がある方を対象にしています。

A1 A2 B1
Life Skills A1は、扶養家族向けビザの申請においてスピーキングとリスニングの英語能力の証明が必要な方のためのテストです。 Life Skills A2は、配偶者ビザおよびパートナービザに申請する際に必要な書類として英語のスピーキングとリスニングの能力を証明が必要な方のためのテストです。( 英国のみで受験可能です) Life Skills B2は、 永住権および市民権の申請においてスピーキングとリスニングの英語能力の証明が必要な方のするためのテストです。

IELTS Life Skillsのテスト構成

IELTS Life Skillsはスピーキングとリスニングの英語能力を評価します。試験官と対面式で行うこの試験は、もう一人の受験者と一緒に受験し、選ばれたトピックについて会話をします。
選ばれるトピックは、英語圏での毎日の生活で話題にあがるようなことが反映された内容になっています。

 

目的地はどこですか?

私が目指しているのは

こちらもご覧ください

IELTSとGMATを受験する皆様のための特別なキャンペーンです!

GMATキャンペーンに参加して、MBA取得の準備をしましょう!

詳しくはこちらから

IELTS試験対策

オンライン・オフラインで出来る試験対策
詳しくはこちらから