Back to top

試験結果

IELTSのテスト結果は、筆記試験日から13日目に発行され、受験者の方に郵送されます。

 

テスト結果は郵送とオンラインで通知

IELTSの成績証明書(Test Report Form)は、筆記試験日から13日目に発行され、郵送されます。電話やEメール、ファックスでテスト結果をお知らせすることはできません。

日本英語検定協会でIELTSを申し込んだ受験者は、筆記試験日から13日目の19時以降より、日本英語検定協会の「オンライン試験結果表示サービス 」でご自身のテスト結果を確認することができます。

 

成績証明書(Test Report Form; TRF)

成績証明書(Test Report Form)は、受験者本人宛には1通のみ郵送されます。受験者本人宛に再発行することはできません。

 

追加成績証明書の発行

大学や移民局等の機関あてに、追加成績証明書を発行することができます。詳しくは、日本英語検定協会のWebサイト をご覧ください。手続きおよび発送は、日本英語検定協会が行います。

IELTSを採用・入学資格として利用する機関は、「オンライン成績認証サービス 」で受験者のスコアを確認することができます。その際、受験者の成績証明書番号(Test Report Form number)が必要です。

追加成績証明書の発行は、成績証明書発行日より2年です。受験したテストセンターへ申請してください。

 

成績証明書の有効期限

発行日より2年以上経過した成績証明書は、通常、教育機関等に受理されることはありません。ただし、受験後も英語力を維持・向上させている十分な証拠を提出する場合は、この限りではありません。

 

再採点について

試験結果に疑問がある場合、再採点(Enquiry on Results; EOR)を申請することができます。申し込み受付期間は試験日から6週間で、再採点を希望するパートは指定することができます。このサービスは有料ですが、再採点の結果、スコアが上がった場合には返金されます。再採点の結果が出るまでに、最長で10週間かかることがあります。詳しくは日本英語検定協会 までお問い合わせください。

 

IELTSバンドスコアの見方

IELTSは様々なレベルの英語運用能力を評価できるよう開発されています。そのため、合格・不合格はありません。テスト結果は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングについて、それぞれ0から9までのバンドスコアで示されます。

IELTSバンドスコアについては、日本英語検定協会の「バンドスコアの解釈について」(PDF 778KB)にてご確認ください。

IELTSのスコアとヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)がどのように対応しているかについては、こちらの英文サイト をご覧ください。

 

IELTSの再受験はできますか?

受験回数に制限はありませんが、十分に準備をしてから再受験することをお勧めします。更なる学習をしないままでは、スコアは伸びにくいという調査結果も出ています。